世界図絵のことの葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 0131:やることなすこと覚え書き

<<   作成日時 : 2013/05/10 12:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日のエントリは忘れないための個人的備忘録です。
無線のことです。
やー、だいぶ勉強になったなァ。


■調べたこと

・無線LAN規格
-IEEE 802.11a:5GHz帯使用。
-IEEE 802.11b:無線LANで最初に普及した規格。2.4GHz帯使用。
-IEEE 802.11g:事実上11bの上位互換。速度向上。2.4GHz帯使用。
-IEEE 802.11n:11gをベースにグレードアップ。2.4GHz/5GHz帯使用。

多くで使われているIEEE802.11a/n/b/gの4つの規格を踏まえた上で、

・Wii:内臓の無線LAN規格はIEEE 802.11b/gのふたつ
・au HOME SPOT cube:無線LAN規格はIEEE802.11a/n/b/gの4つをカバー

無線LANが普及をはじめ、簡単に扱えるようパッケージ化された結果、
接続の不安定なネットワークがそこかしこに乱立している事実。
無線に拘りがない限りは、11n/b/gの2.4GHz帯を使用することが多い。

電波を発信するアクセスポイントがやたら多いと電波干渉を起こしたり、
コードレス電話、電子レンジなども同じ2.4GHz帯を使用しているので、
時と場合によっては、阻害要因ともなりえる。

11n/b/gでは、一般的に13ch(正確には、日本独自規格で14)あるも、
2400MHz〜2500MHz帯の中でかなり重複があって、
完全に重複しないで使用できるのは、実は3chというお粗末さ。
このことから、3つ以上のアクセスポイントが検出されると、
干渉の無い電波帯域を選ぶことは出来ない。残念。

チャンネル干渉問題では、5GHz帯を使用する11aがかなり有利だが、
そもそもWii自体が11aに対応していない!
あと、障害物に弱い……(らしい)


■現場のヒアリングメモ
・cubeの無線を使ってWiiを繋げたことはない。
・iPadで5mほど離れると電波が届かなくなった(らしい)
・同じcubeを使用しているご友人は家全体をカバーできている。
・cubeの傍、30cmのところに電子レンジがある……(これか?)



以上のことから、個人的推論。

cubeのカタログスペック上、通常使用にて、
階上に電波が届かないということはまず有り得ないと思う。
更にご友人宅でcubeは家全体をカバーできている実績から、
cubeの性能を疑うことはまず無い(不良品除く)

原因として考えられるのは、

・家電機器と電波干渉を起こしていないか。
・近隣で無線ネットワークが乱立していないか。
・そもそも設定が本当に上手く行っているか。

cubeにログインしてチャンネルの設定変更を行う、
もしくは、cubeの置き場所を変えるだけでも改善する可能性高。

――というか、その辺りで対応できないのならば、
正直なところ、無線ではお手上げとなる。
(改造とかは、ボクの守備範囲外なので……)

cubeの接続が上手くいっていると仮定して、
証言どおり階上に電波が届かないとなった場合、
新しい無線ルーターを購入しても無駄になる可能性が高い。

IEEE 802.11aを使用すれば、劇的に状況が改善するだろうが、
Wii内臓の無線規格が11aに対応していないため、NG。

なので、確認すべきは、

・WiFiアナライザーで電波状況確認。
・受信側(Wii)に本当に問題が無いか(PSVitaなんぞ持参で)

ルーターの置き場所で改善するようなものなら、
中継地点を成すような現物を購入するのはアリ、と。




エバーノートに書いておけば良かった内容でした。ぷぷ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
0131:やることなすこと覚え書き 世界図絵のことの葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる