0017:世界に誇れる日本の発明

大阪池田にあるインスタントラーメン発明記念館に行ってきました。


インスタントラーメン発明記念館


安藤百福氏が48歳の時に作ったチキンラーメン。
そして、カップヌードル。

普段我々が何気なく口にしているものですが、その凄さを改めて実感。
個人的に1日で観て回るには丁度よい広さで(そんなに広くない)
展示されているものにも嫌味がない。入場無料というところもステキ。

チキンラーメン手作り体験をしようとすると事前に予約が必要なのですが、
(というか、予約がいっぱいでなかなか取れない)
オススメはマイカップヌードルファクトリー。

カップを購入して、油性マジックでカップに落書き。
その後、乾燥麺を詰め込んで、4種類の中から1種スープを選び、
12種類の具材から4種まで好きなものを詰め込んでシュリンク包装。
特性パッケージに詰めてお持ち帰りできるというものです。
以上の工程が300円で楽しめます(300円でカップを購入する)

アテクシが詰め込んだのは――


■シーフードスープ

■キムチ
■ガーリックチップス
■エビ
■カニカマ


目指したものは、海鮮キムチ味ガーリック風味。
しかし、味がクドかった。キムチにガーリックはなかったな……
カレーにチーズなどの組み合わせは濃厚で、鉄板でした。

面白かったなー。
こういうのを見ると、日本もまだまだ捨てたもんじゃないねと思える。
また行ってみたいと思います。今度こそ完璧な海鮮キムチを。






テイルズ オブ ヴェスペリア(特典なし)
ナムコ
2009-09-17


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


シリーズ最高傑作と名高い当作品。
アテクシのテイルズ暦は、最初の頃こそぼちぼちやっていたとはいえ、
シンフォニア辺りからついていけなくなった人です。

XBox版の発売後も、なんとなく面白そうだなーと指くわえてましたが、
どうせPS3に移植されるだろうと思っていれば、やはり1年後。

テイルズはリメイクTODが最高傑作だと思ってました。
2D戦闘の極みだと思います。
そのせいかシンフォニア辺りから始まった3D戦闘にはなかなか馴染めず、
割と評判だったアビス(Best版)ですら途中で放り出し。

楽しいですね。ヴェスペリア。
寝る間も惜しんでプレイしてしまうゲームは久しぶりでした。
テイルズシリーズの中では、割とヲトナなゲームではないでしょうか。

何がこんなに楽しいのだろうと考えてみるうち、袋小路にもなりました。
だって、うちが重視する世界観とて、割と普通な感じです。
むしろ、アビスの方が「おおっ」と思えるような。

ゲームでも映画でも小説でも漫画でも、
人を夢中にさせるのは、結局そこにある物語なのだなぁと、
某氏との会話(いや、チャット?)で落ち着きました。それが本質なのだと。

単純にね、必殺仕事人のように、自分の信念で法を犯しても悪人ぶった斬る的な
主人公ユーリ・ローウェルが気に入ったとか、そんなレベルっすよ。

法で悪人が裁けないのなら、まずは法を正すべきだと主張する友人フレンと、
まずは法を正すから、今日助かった者には死ねと言うのかと主張するユーリと。
それらを支える魅力的な仲間と。

360版が発売された頃、海外のレビューでは、
「RPGとしての進化はないが、"JRPG"としてはプレイする価値がある」
――だったそうです。言わずもがな、「日本のRPG」ということ。

連綿と続く日本のゲームとして、エンターテイメントとして、
テイルズオブヴェスペリアは正統進化を遂げたひとつの終着点かもしれません。

そういう意味で、FFなどはその道から外れつつあると考えていますが、
その話はまた別の機会にでも……



以下、TOVに関する余談:

PS3版ですが、割と早くから追加キャラクタのパティが登場します。
その後もあちこちで違和感なくイベントにスキットに割り込んでくる彼女ですが、
彼女が存在しない360版ではどうだったのだろうと思うぐらいです。

ここまでされると、バンナムは一度ヴェスペリアを作りこんだ後、
パティの存在を抹消し、イベントなどを上手に編集してXBox360版を発売、
PS3向けに「追加要素」として、編集前のものを発売したという邪推すら浮かぶ。

・MSではXBoxで開発の際、メーカーに対し手厚い開発のサポートをしている。
・SCEでは他機種からPSへの移植作品は、何かしら追加要素を要求してくる(らしい)

こういうお話も聞くぐらいですし。
なんだか、XBox360はHD機での開発の踏み台っぽくされてますね。

来年早々に発売の「スターオーシャン4」もどうなることやら……

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

hepon
2009年10月13日 13:25
人は心を大きく動かしてくれるものに夢中になるんですよね。それは物語(JRPGはこっち中心)であったり、物語を生み出す仕掛け(海外RPGはこっち中心)であったりするわけで。
しび
2009年10月14日 12:38
洋ゲーが未だに受け入れられんのです…

ゲームなんだし、もちょっとワールドワイドになりたいw

この記事へのトラックバック