世界図絵のことの葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 0089:最後の幻想キャサリン

<<   作成日時 : 2011/02/18 11:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

PS3でちょっと気になってたキャサリン。

キャサリン 特典 サントラCD付き
アトラス
2011-02-17


Amazonアソシエイト by キャサリン 特典 サントラCD付き の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


マルチなので箱でも出てますよという突っ込みはスルーの上で。

PSStoreにて、体験版が配信されてたのでダウンロードしてみました。
ナイトメアのアクションパズルパートもさくさくっとこなし、
無事に体験版2ステージクリア。Xaiのような感覚かもしんない。

FF11プレイ中にしびちゃんの動きが鈍ったのは、
こっそりこれをやっていたからです…ゴメンナサイゴメンナサイ。

ペルソナチームの最新作とはいえ、
アクションゲームかぁ…と二の足踏んでましたが、
アドベンチャーパートのBarのフインキもよさげだし、
キャサリン可愛いし(ビッチか? ビッチなのかアレ?)
欲しいなーと思ったんだけれど、密林レビューは真っ二つですね!

イージーモードがイージーじゃないとか。
ダメだな、あたいは早々に詰んでしまいそう……

しびさんがRPG好きなのはいうまでもないのですが、RPGはある意味、
同じ作業の繰り返しで(ムスメの前で)気軽にやれないんすよね。
ボスをいたぶるぐらい、過剰にレベルを上げたい性質なので。

その点、このアクションパズルパートもあるキャサリンなんか、
ビジュアル的にも退屈させないだろうとは思ったんですけれど、
まず、内容が、ストーリーがダメそうだな! 浮気の現場とか。

コレは見せられないwwwwww



久々にゲームソフトれぶー。

ラストストーリー(特典なし)
任天堂
2011-01-27


Amazonアソシエイト by ラストストーリー(特典なし) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


今回は、Wiiの「ラストストーリー」です。
FFの生みの親、坂口氏ことヒゲ総指揮の最新作RPG。
なんだ、タイトルからしてFFに未練たらたらかよと突っ込みはいけません。

でもね、最近のファイナルファンタジーよりかは、
よっぽどかファイナルファンタジーしていたと思っています。

物語は天涯孤独で、傭兵として育ってきた青年が騎士に夢見るという
王道中の王道、ヒロイック成り上がりファンタジーです。
もちろんヒロインは鳥かごに閉じ込められているようなお姫様です。
だが、それがいいんです。食傷気味だったろ?
何か勘違いしたようなサイバーパンクメカニカルファンタジーとか。

まぁ、それゆえにどこか物足りないという気持ちも理解できます。
いわゆる無いものねだりか、隣の畑は的な感覚です。
人間、わがままですね。

いえ、ラストストーリーに一切メカニカルなものがないのかというと、
そういう意味ではありませんけれどね。だってヒゲだもの。
ロストテクノロジーは必ず出てきます。


キャラクター設定も押さえるトコは押さえたキャラばかりですね。

主人公の頼れる兄貴分
姉御肌の大酒飲み二刀流女傭兵
一見軽そうな女好きの氷魔法使い
天然入りの大食漢女ヒーラー
あまり打ち解けない最年少少年魔法使い
豪胆な性格の懐深い騎士団長
権力だけの貴族の青年(ヒロインの婚約者 ※無論政略的な)

などなど。お約束もいいところ。
だが、それがいいんです。2回目です。

拠点となる街はひとつしかないのですが、かんなり広く
ただぶらぶら歩いているだけでも、サブイベント遭遇って印象です。
まぁ、この辺はプレイヤーの好みにもよるのでしょうね。
やるかやらないかは取捨選択できます。

クエストのコンプリストが欲しいという意見もあるようですが、
あたいとしては、そんなリストがあると埋めなきゃならん強迫観念に駆られ、
本編進まなくなるという本末転倒っぷりになっちゃうので、
別に無くてもいいかなーという感じ。

街の人にぶつかるだけでも、文句を言ってきたり、よろける動作をしたり、
道端で果物ばら撒いて、街の人転ばせたり(主人公も転んだり)
なんか妙なところが凝ってて、ムスメっこがそれにハマってしまい、
なかなか先に進めないという弊害も。


戦闘は、そうですね。
さすが長い時間掛けて煮詰めたというだけあって楽しいものでした。

いわゆるセミオート的なアクションちっくな要求もされるのですが、
それほど難易度が高いとは思いません。
むしろ一部除いてごり押しでもなんとかなる印象であります。
オレツエェーを味わうには、丁度いいと思ってます。

まぁ、そんな状態、認識ではデータ引継ぎの2周目以降、
詰むことになるかもしれませんけれどね……

敵のヘイトを集めるギャザリングというシステム、
ギャザリングを起点に発動するギャザリングバースト。
敵味方の問わず、魔法着弾点に現れる魔法サークル。
主人公が持つ風魔法で魔法の「残り香」を拡散、戦いを有利に運ぶなど、
よく考えられてるなーと思いました。


んで、個人的に一番良かったと思えるところ。
装備品(防具)のカスタマイズにこだわりが感じられること。

まず、細かい単位で、自分の好きなように着色できるんですよね。
色は最初からある程度は持ってるけれど、ゲームを進めるうちに
新しい着色料が増えていくような流れです。

更には、防具のパーツ単位で付け外しが可能であること。
ジャケット外して、シャツだけにしたりとかさ。
ガントレットは剣を持つ手を守るためになんだから片手だけとかさ。
レッグアーマーは野暮ったいから外してしまえとかさ。

パーツの付け外しを行っても、本来の防具が持つ防御力は変わらないので、
思う存分、自分の好み、こだわりを反映することが可能です。
そして、イベントシーンでも、ちゃんとその状態は反映されたまま。
この辺、画面全体の「色」が好きに出来るので、飽きが来ないのよね。
些細なことだけれど、重要だとボクは思うのです。

クエストクリアすると、透明薬なんてハレンチな色も手に入ります。
男キャラの防具を透明に着色すると、トランクス一丁になりました。
ムスメにバカウケです。
ムスメが寝静まった後、ヒロインの防具を透明にしました。

ですが、ヒロイン(というか女性キャラ)が履いていたのも、
男キャラと同じトランクスタイプだったことに深い悲しみを覚えました。
透明薬を手に入れたときから、wktkして、正座までして、
ムスメが寝るのを待っていたというのに――

ボクにとっては、このゲーム、一番の不満点だよッ!!!11


閑話休題。


そんなわけでして。

久しぶりに良質のRPGだったなーという印象です。
ノビヲ師匠の音楽もさほどうるさくなく盛り上げてくれて、
ヒロインのカナンも、リノアやユウナほどうるさくなくて。

まぁまぁ、主人公とイチャラブしてるときは、
下着がトランクスだったときほどではないにせよ(ここ重要)
世界爆発しろとか思わないでもないですけれども。

終盤の愛を誓うシーンで、愛を誓わなかったら平手打ちで
HP1/3持っていかれたのはビックリでしたが。
(3回断ったら、HP0になってゲームオーバーになるらしい…)

イイコトばかり書いてますが、無論不満点もございますわよ。
カメラワークがちょっとしんどいとか、
本編だけを辿った場合、ボリューム的に疑問が残るとか、
ロードが頻繁で、カチャカチャWiiうるさいとか、
あと、女性下着がトランクスとか!!!(ここホント重要)

それでもたいていの不満点はかっ飛ぶハズです。
ヒゲが丁寧に作ったと豪語するだけあって、遊んで損はないゲーム、
是非一度、遊んでみてください。
もうこっちがファイナルファンタジーでもいいよ。

あ、中古はダメよ。

ボクはラストストーリー2に期待するいちユーザーなので!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
箱○のほうのキャサリン買っちゃったぜ!
勿論パッケージd・・・・ゲフゲフ
すぷ
2011/02/18 17:51
PS3のほー買っちゃったぜ!!!!

パッケージで選んでも、フツー若い方だろうjk
しび
2011/02/21 12:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
0089:最後の幻想キャサリン 世界図絵のことの葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる