0103:認めるのは重要です

剣豪無双伝説(仮)を始める前に。


「とこしえのはなよめ」の扱いについて。

もう大多数の人が忘れてると思うし、ボクも忘れてるし(え?)
個人的には、アルタナエリアの観光を目的とし、
今まで描いてきたキャラの中で幸せになれないままだった
リズを救済したくて始めたつもりだったこのオハナシ。
もう多分書かないと思うので、種明かしだけしておきます。


冒頭、現代でシヴィやリズが出会ったエドガーという得体の知れぬ男。
ひりつくようなチョイ悪エルヴァーンだった彼の正体は、
リズが過去に遡った後、サルタバルタ攻防戦で出会ったよわっちい赤魔道士、
エルドラス・ミシュケル・ラング・ハイラン・ド・クイーケル・ノッガーでした。
今見ても長い。彼こそが若かりし頃のエドガーです。
名前の最初と最後をくっつけてみてねwwwwwwwwwwww

アルタナエリアの観光を目的として、リズとエルドラスは仲違いしながらも
鳥さん、シヴィ(推定5歳)と一緒にババン・ナ・ウェイレアのクエストを辿り、
最後、過去世界で生き別れたふたりが現代で感動の再会!
――ってのが、「とこしえのはなよめ」の大筋でした。

つまるところ、はなよめを指すのは、ウェイレアとリズだったのですね。
最後、リズとエドガーくっつけてあげたかったわけで。


シリアスを書くに当たって、何事にも原典を大切にしたいボクとしては、
そこかしこで愚痴ったと思うけれど、アルタナミッションの筋書きが
コレジャナイ感が半端なく、結局のところ、書こうとする原動力に
なりえなかったわけで、中途半端に筆を置くことになりました。

昔ほど大勢に読んで貰ってるわけでもない(と思ってる)のですが、
真面目に読んでもらってた人には、本当に申し訳ない。



反省はします。

無印、ジラート、プロマシア、アトルガンと続けたんだから、
アルタナだって書いてみたいんよ。

しばらく書いてない間にアルタナはアルタナだけではなく、
他のバトルコンテンツwとリンクしているような節もあるゆえ、
ネタも溜まって来たのかなという印象です。

とはいえ、ヴォイドウォッチなんか行ったこともないから、
全く知らないんだけどね!wwwwwwwww


剣豪無双伝説(仮)


とかいうタイトルを前に浮かび上がるのは
ギャグであったりコメディであったりするわけですが、
割り切って面白おかしく過去世界書ければいいかなと思ってます。

また書いてというささにゅがおらんかったり、
奇特にも手を挙げたりする人が居なければ書こうとも思わなかったお話。

目標は5話!
(10話位で終わりと言っておきながら、24話も続いた実績あり)



というか、そろそろ現地へ行って強い敵倒して、報酬貰って、
そんでオワリとかいうコンテンツはいい加減止めて貰えませんかね。

少なくともボクは冒険してみたいのですけれど。
ねぇ、■eさん?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック